ホーム   »  
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どんも~、ある猫です。

仕事が忙しく、FF14のランク上げ以外に時間が取れず、検証が全くできていなかった為、ブログも少しお休みしていました。
今回VUに合わせて、ようやく復活です。

今回の1.18パッチで、呪術にとって大きい変更点は
  1.回復魔法の単体化、消費MP増加
  2.サイフォマッジの単体化
  3.エミュレート効果時間の短縮(30秒) = 常時エミュ状態不可能
の3点でしょうか。

特に、1. 2. の変更により、NMソロ討伐は不可能となりましたね。
確実にMPが尽きます。

そして幻術は、ケアルガと上位レイズ系魔法の追加により、一気に株が上がりました。
パーティーに1枠以上は必須となりそうですね。

しかし、回復魔法の消費MP増加により、強敵を相手とした場合、回復だけで手一杯となってしまう状況が見えてきます。

そこで登場するのが呪術!!
回復は緊急時のみに絞り、相変わらず強力なDOT魔法でゴリゴリ削り、合間に弱体魔法をぶちこむ立ち回りとなりそうです。

呪術と幻術は、その立場がごちゃまぜになっていましたが、ようやくそれぞれの役割が明確になってきましたね。


しかし、魔法アタッカーと聞くと「幻術の精霊魔法のほうが強くない??」と言われそうですが、そこで今回の変更点
   バニッシュ・スカージの威力増加
です。

さっそく検証してみました。

お相手は、以前にも協力していただいた、ウルダハ東にお住まいの「スフェーン・ドブランさん(56歳)です。
彼は「土」属性であるため、精霊魔法は弱点属性「水」と無関係属性「氷」を選択。
呪術は、無関係属性「バニッシュ」と水33%を含む「スカージ」。

ステータス
1.18バニスカ検証 ステータス

幻術(ジェイドクルーク)
1.18バニスカ検証 幻術

呪術(シルバーセプターSP+2)
1.18バニスカ検証 呪術




※全て、頭爆発後のダメージです。 C=クリティカル T=抵抗によりダメージ減少
ブリザドIIウォータIIバニッシュIIスカージII
307382422(T)367(T)
408(C)373606672(C)
157(T)460(C)598676(C)

今まで精霊魔法に遅れを取り、リキャストが短いという特徴しかなかった呪術攻撃魔法ですが、幻術の1.5~2倍のダメージを出しています。

既存の強力なDOT魔法と合わせて、より魔法アタッカーらしくなってきました。

しかし、消費MPは倍化されていますので、ご利用は計画的に・・・w

※検証回数が少ない為はっきりしませんが、バニッシュとスカージのダメージ差がほとんど無い、むしろスカージのほうが弱いように見えます。今回の場合、水120となっていますので、水33%を含む霊属性のスカージのほうが高ダメージであると予想していたのですが・・・。
その後の検証で原因はなんとなく掴めましたので、次回に分けて掲載します。


ついでに、固定ダメージから魔法攻撃力依存となった「シャドーシアー」も、ちょこっとだけ触れてみました。
的は変更なし、INTは96まで上昇
自HP379相手HPはMAX = 874
自・相手共HPMAX = 774 (血の儀礼II)880

固定ダメージではないので、血の儀礼効果も乗るようになりましたが、リキャストと消費MPを考えるとイマイチです。
彼我のHP差を付けても、劇的に威力は増しませんでした。
無理に使用する必要はなさそうですが、魔法防御無視の隠れ特性があれば、NM用として非常に有用な魔法に化けます。
次の機会にでも試してみる予定です。

なお、せっかくINT96まで上昇させたので、この状態でバニッシュIIを使用してみたところ、
 1回目 615
 2回目 414(抵抗)
 3回目 642
 4回目 436(抵抗)
このような結果。
INT+75状態にも関わらず、上昇値は微妙・・・。
VU前と同様、INTは死んでいるようですw
それとも、抵抗確立減少等の目に見えない効能でもあるのでしょうか・・・。


とりあえず、バニスカの威力は確認できたので、今回はここまで!
次回は、バニッシュとスカージ、星属性と霊属性についての検証となります。

へば、まんず~ノシ
 
どんも~、ある猫です。

最近リアルでなんやかんやとやる事が多く、ちょっとだけブログさぼってましたw

やってみたい検証やら呪術装備特集やら、ネタはあるものの中々作業が進まず・・・orz

BWによるランク上げも重要ですが、そろそろ溜め込んでる検証の一つでもやりたいものです。


さて、SSの一つも無いのでは寂しいので、こんな絵を・・・
サードアイ!!
アイ!フラーーッシュ!!!

真ん中で目光らせて剣抜いてるのがある猫。

・・・格闘アビの「サードアイ」です。
LSメンバーが使用しているのを見て初めて使ってみましたが、これはすごいw光りすぎw

ペイストも目光りますが、それを軽く上回る輝きです。
常時こんな調子で光続けていれば面白いのですが、残念ながら一瞬。

こんなおもしろアビを見逃していたとは・・・迂闊でしたw


エフェクトネタはさておき、実際の効果は
 [自身への正面以外からの攻撃:物理回避+]
となっています。

囲まれた時は良いかもしれませんが、呪術として見ると、他にセットしたいアビは山ほどありますし、あえてサードアイをセットする場面はなさそうですね。
取り巻きNMにどうか・・・と一瞬考えましたが、ショックスパイクの反撃ダメがオイシイので、やはり出番はなさそう・・・ネタとして使いましょう!w


今回はここまで!!

へばまんず~ノシ
どんも~、ある猫です。

今回は、弓術「ブラッドレッター」について、いつものごとく適当かつ簡単に検証してみました。


ブラッドレッター
痛点に矢を射込み、断続的な苦痛を強いる。抜くときも激痛を与える。
[目標に射撃ダメージ&連続してダメージ。効果終了時、さらに大ダメージ]

命中後、DoT20sec+最後に固定500ダメージ


最後の500ダメージ素敵なWSです。

このWS、アタッカーとしては是非活用してみたいものです。
そこで、呪術で使用した場合どんなものか、試してみました。

まず、最後のダメージは
 呪術(ボウマンシップ無し) 400
 呪術(ボウマンシップ有り) 450
となりました。
ボウマンシップ無しでも、以外と良いダメージを出してくれました。

んでは、初撃+DOTも込みで総合的に見るとどうなの?
ということで、呪術のままポイズンIIと比較してみました。

ステータス
STR:35 PIE:174

ポイズンII
ブラッドレッター 呪術検証 001

ブラッドレッター
初撃+DOT
ブラッドレッター 呪術検証 002

初撃+DOT+450
ブラッドレッター 呪術検証 003


以上のような結果となりました。
ポイズンIIはあいかわらず良く削ってくれます。
ブラッドレッターは、思った以上にDOTダメージが低く、初撃+DOTの時点では大したことはありませんでしたが、最後の450ダメージでごっそりと減りました。

ポイズンIIには及ばないものの、呪術でも非常に良いダメージソースとなりそうです。
ソロや剣呪ペアでは活用できます。

ただし、ブラッドレッターの効果は後出しのブラッドレッターに上書きされてしまいますので、PTに弓が居る場合は要注意です。
威力の弱い呪術ブラッドレッターで上書きしてしまわないよう、弓ブラッドレッターが外れた後など、よく見極めて使用しましょう。



さて、有用なことはわかりましたが、後のVUのスキル見直しによって、弓術専用となる可能性が非常に高いWSです。
呪術のためだけに弓を上げるのは、控えたほうが良いかもしれません。

・・・が、個人的にはブラッドレッターの説明文
 痛点に矢を射込み、断続的な苦痛を強いる。抜くときも激痛を与える。
の矢を
 矢 →→→ 魔法の矢
に置き換えると、
 魔法で苦痛を与え、最後に爆発で更なるダメージ!!
と、意外に自然な形になると思いますw

少なくとも、剣術や斧術でブラッドレッターを使用するよりも、自然な感じはしますねw
(剣や斧の場合、何かの突起物を無理やり差し込んでいるのでしょうか・・・)


では、今回はここまで!!

へばまんず~ノシ


どんも~、ある猫です。

先日、LSメンバーである相棒ジャス夫と共に、グレートバッファローのペア討伐にチャレンジ・・・見事打ち倒してきました!

グレートバッファロー ペア討伐 001
現時点で、NM中最大級サイズのグレートバッファロー。
倒れる様まで迫力あります。

2回チャレンジし、初チャレンジとなる1戦目は時間切れにより敗退・・・。
ジャス夫のブログでもあるように、「ソノラスブラスト」の連射により、ちと戦いづらい状況が続いたのが一つの原因ですが、私のDOT魔法等の攻撃が甘かったようにも感じました。


そこでちょいと考えなおしました。
実は、ペアチャレンジ前にグレートバッファローの動きを研究するため、ソロで突撃していました。
残念ながら時間切れで負けてしまいましたが、残り6分の1ほどまで削ることができました。

その時はソロであったため、HPに余裕を持たせるためにHP優先装備で挑み、ペア1戦目もそのまま突入しました。
しかし、ペアとなればHPよりもPIE優先にすべきです。
2戦目は装備を変更、ミスリルリストレットをベリドットリングへ変更しました。
(VIT:136 PIE:172)

呪術としての主なポイントは以下の通りです。


>> 与ダメージ <<
各種DOT魔法
 MP消費を抑えるため、「ローミングソウル」で「ポイズン」の効果時間を延長。
 DOTで気を使ったのは以上のみで、MPとの兼ね合いを考えながらひたすらぶちこみます。

シャドーシアー
 安定して500前後のダメージ。
 リキャストのたびに発射です。
 消費が大きいので、「スピリットバインド」で軽減。

ブラッドレッター
 呪術は「サイフォタック」でTPをガンガン吸収できますので、撃てる時はガンガン入れます。
 4割程は回避・レジストされていましたが、入れば最後の450ダメージが大きいです。
 (ボウマンシップ込み)
 ただし、ブラッドレッターは同効果を上書きしてしまいますので、連射を意識しすぎて前回分を上書きしてしまわないよう、グレートバッファローの現エフェクトにも注意します。

トーメント
 これが重要なダメージ源となります。
 グレートバッファローの通常攻撃は範囲攻撃ですので、前衛がタゲを持っていても、一緒にダメージをもらうことができます。
 エミュレート無しの状態で約800の被ダメ、 トーメント状態ならば600前後のカウンターダメージを与えることが可能です。
 ガッツリHPが減りますが、単体NMであるがため連射はないです。
 回復までは余裕がありますので、慌てず落ち着いて回復しましょう。

 以上のように効果は大きいですが、効果時間は20秒と短く、リキャストが180秒と長いです。
 使用可能となったら、エミュレートの効果が切れていることを確認の上、しっかりカウンターを入れましょう。

ショックスパイクII
 これもまた、馬鹿にできないカウンターです。
 1発を見ると40前後と少な目ですが、前記のように奴は範囲攻撃であるため、あえて接近し前衛と一緒にダメージを受けることで、通常攻撃のたびに「40前後×2=約80のダメージ」を与えることができます。
 長期戦となるNMでは、その蓄積は非常に大きなものとなります。
 しっかり接近し、ガンガンカウンターを入れてやりましょう。

 ただし、エミュレートを忘れないこと。
 トーメントと違い、スパイクカウンターダメージは被ダメージに関わらず一定です。
 無駄な回復にMPを取られないためにも、気をつけましょう。



>> 被ダメージ <<
※VIT:136 物理防御:395 魔法防護:333 プロテスII ディフェンダー
 以上のステータスによるダメージです。

通常攻撃
 800前後(エミュレート有り:200前後

サイズミックリフト
 300~400 ベヴィ効果

デッドリーストンプ
 1000~1100

オンラッシュ
 1300~1500(センチネル:500前後)

各ダメージは大きいですが、連続でくらうことが無いため、落ち着いて回復すれば大丈夫です。
ただし、怖いのは「オンラッシュ」による即死です。
「ソノラスブラスト」により、こちらへタゲが移る場合も十分ありえますので、万が一同状況となった場合は、特にログに意識を集中し、オンラッシュの構えが見えたら、即センチネルを入れましょう。
構え~発動が長めなので、十分間に合います。

万が一センチネルが使えない状況であれば、「オブセス」「ランパート」等で防御力を上げて凌ぎましょう。
それすらも使えないor間に合わない状況であれば、一か八か左右かグレートバッファーローの後方へ走り抜けましょう。
ソロで挑んだ時、何度か回避できました。
ただし、前方に範囲が広いため、背を向けて後方に避けるのはNGです。



>> MP確保 <<
単体NMの重要課題です。
同じく単体のウラエウスは、エグザルト+構え解き自然回復だけでなんとかなりますが、こいつはそれだけではとても足りません。
余裕を見て、MPが半分に差し掛かるあたりで、雑魚(鳥はTP消滅技が厄介なので、カニがベスト)を1~2匹釣り、「サイフォマッジII」で回復しましょう。
その際、範囲DOTで雑魚を巻き込まないように注意です。
占有状態ではない(MOBネームが黄色)ため、雑魚が死んでしまうと完全消滅し、範囲サイフォマッジでも吸い取れなくなります
周囲の雑魚にも限りがありますので、可能な限り生かし、ぎりぎりまでMPを吸い上げましょうw

資源の有効活用を!!

雑魚の確保に走るタイミングとしてオススメなのは、プロテス等の補助の残り時間に余裕があることを確認の上、
 サイフォタックでTP吸収後
 MOBがWSを放ち、前衛を回復後
です。WSによる前衛大ダメージのリスクを減らしておきます。
更にスロウ・パライズをかけておくと安心できますw

あとは、「スピリットバインド」をリキャスト毎にこまめに発動。

エグザルトのタイミングは状況によりけりですが、使うのであれば早めに使いましょう。
結果、30分内の使用回数が増えます。
ただし、残り時間を見ながら、30分内最後のエグザルトは緊急用に確保しておき、雑魚からMPを確保したほうがよさそうです。
マップを確認し、雑魚の位置を把握しておくのも、重要なポイントとなります。



主なポイントは以上となります。
とにかく重要なのは、MPの確保です。
MPの不安は与ダメージの減少に直結します。
余裕を見て、MPは常に半分以上を維持するぐらいの気持ちで挑みましょう!

最後に、討伐時のアクションを紹介しておきます。
1.ファントムダート
2.センチネル
3.エミュレート
4.バイオII
5.ディアII
6.ポイズンII
7.サイフォタック
8.サイフォマッジII
9.パライズ
10.スロウ

11.トーメント
12.スピリットバインド
13.ローミングソウル
14.ガード
15.シャドーシアー
16.ブラッドレッター
17.フロストII
18.ドラウンII
19.サクリファIII
20.ケアルIII

21.オブセス
22.無し
23.ディフェンダー
24.シルエット
25.シャドウフォール
26.プロテスII
27.ショックスパイクII
28.無し
29.無し
30.エグザルト

特性
 ネイチャーワーシップ
 ソードマンシップ
 ボウマンシップ
 ファストキャスト
 クイックステップ
 ラプチャーII
 シュプリームマインドII


シルエットとシャドウフォールは使っていません。
コスト0なので、なんとなく入れてましたw
また、今思うとブラッドレッターの命中精度を高めるため、「ホークアイ」を入れておくのも良かったかもしれません。
何を削るかが問題となりますが・・・w

特性のクイックステップは、雑魚確保に走る際に便利です。



では、今回はここまで!!

へば、まんず~ノシ
どんも~、ある猫です。

今週は出張等によりしばらく留守にしておりましたので、数日間日記をかけませんでした。

そこで復帰記念として、疲れやストレス等をぶつける相手を探していたところ、丁度良い相手を思い出しました。

太っ腹のホットポックスとそのご一行です。
太っ腹のホットポックス ソロ 001
SSを撮っていないことに途中で気がつき、慌てて撮影した様子。
もう終盤にさしかかろうとしていますね・・・。


前回攻略したドドレに比べれば、特に怖い攻撃も無く、非常に楽な相手です。

>> ステータス <<
前回のドドレ戦と変わりません。
あるアル【009】を参照してください。



>> 装備 <<
あるアル【009】のドドレ戦から、
  ハーレクインアクトン → バーガンディ&レイヴンアクトン
  ベリドットリング → ミスリルリストレット
に変更し、微妙にHP重視装備としました。

この装備で、食事込みのHP「1531」・物理防御「400」です。




>> 被ダメージ <<

ヘイルメアリー・爆弾投げ
 700~800 (エミュ有り:200~300
ライトスラッシュ・インペール・スタブ
 50~150
ファイアクラッカーシャワー
 スタン

(※戦闘回数が少なく、データが少ないため、一部正確ではないかもしれません)




>> 与ダメージ <<

通常攻撃
 60前後
バニッシュII
 100~150(血の儀礼II込み)
ブラッドレッター
 50前後+DOT+450

他各種DOT系
スパイク・トーメント反撃




>> 攻略ポイント <<

1.
開幕は、各種補助+食事の他、「センチネル」を忘れないこと。
開幕直後の一斉攻撃で一気にHPが削られます。
センチネルを覚えていない場合、最低限「ストンスキンII」をかけておいたほうが安定すると思います。

今回防御系の補助は、センチネル・エミュレート「を除くと「プロテス+ショックスパイクII」のみにしました。
十分耐えられます。

不安であれば、ディフェンダーを発動し、ホットポックスのみとなった時に解除でも良いと思います。
あとは、緊急用のランパートIIも良さそうです。

2.
とにかく「エミュレート」を切らさないこと。
ドドレほど切迫した状況ではないものの、優先度は高いです。
ただし取り巻きが存在している場合のみです。

ホットポックス一匹の場合で「トーメント」が使用可能な場合は、あえてエミュレートを切り、カウンターを狙うのが良いです。

3.
ショックスパイク」を切らさないこと。
ライトスラッシュ等の攻撃をガンガン繰り出してくるため、カウンターがガンガン入ります。

主なポイントは以上の通りで、あとはDOTや攻撃魔法をガンガン入れます。
MPは「エグザルト+サイフォマッジII」で足りると思いますが、こいつらはさほどMPが多くないので、足りない場合は周囲に雑魚が沢山おりますので、適宜吸収しましょう。

また、今回は少しでも討伐時間を早めようと思い、ホットポックスのみとなった時点で「魔法攻撃+」の食事を摂りました。
・・・が、これは必須ではないです。
同食事なしでも、PIEさえしっかり振っていれば十分30以内に討伐可能です。

太っ腹のホットポックス ソロ 002

時間を計り忘れてしまいましたが、約20分ほどでした。
おかげさまで、気分はスッキリですw


ソロNM練習相手として、丁度いいかもしれませんね。
呪術ソロNMはやってみたいけど、不安だ・・・」と思っている方、是非ホットポックス討伐からチャレンジしてみましょう!!


今回はここまで!!

へば、まんず~~ノシ
最新トラックバック
アクセスランキング
FF14・攻略ブログ 人気ブログランキングへ
[ジャンルランキング]
ゲーム
14766位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
RPG
1528位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

アル猫

Author:アル猫

カウンター
FFXIV Prof

アル猫

FFXIV PROF

検索フォーム
リンク
剣は捨てても盾は捨てるな!
剣は捨てても盾は捨てるな!
蜘蛛の意図つむぎ
蜘蛛の意図つむぎ
アフロ通信vol.SEVEN
アフロ通信vol.SEVEN
ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。