ホーム   »  2011年06月27日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どんも~、ある猫です。

先日、LSメンバーである相棒ジャス夫と共に、グレートバッファローのペア討伐にチャレンジ・・・見事打ち倒してきました!

グレートバッファロー ペア討伐 001
現時点で、NM中最大級サイズのグレートバッファロー。
倒れる様まで迫力あります。

2回チャレンジし、初チャレンジとなる1戦目は時間切れにより敗退・・・。
ジャス夫のブログでもあるように、「ソノラスブラスト」の連射により、ちと戦いづらい状況が続いたのが一つの原因ですが、私のDOT魔法等の攻撃が甘かったようにも感じました。


そこでちょいと考えなおしました。
実は、ペアチャレンジ前にグレートバッファローの動きを研究するため、ソロで突撃していました。
残念ながら時間切れで負けてしまいましたが、残り6分の1ほどまで削ることができました。

その時はソロであったため、HPに余裕を持たせるためにHP優先装備で挑み、ペア1戦目もそのまま突入しました。
しかし、ペアとなればHPよりもPIE優先にすべきです。
2戦目は装備を変更、ミスリルリストレットをベリドットリングへ変更しました。
(VIT:136 PIE:172)

呪術としての主なポイントは以下の通りです。


>> 与ダメージ <<
各種DOT魔法
 MP消費を抑えるため、「ローミングソウル」で「ポイズン」の効果時間を延長。
 DOTで気を使ったのは以上のみで、MPとの兼ね合いを考えながらひたすらぶちこみます。

シャドーシアー
 安定して500前後のダメージ。
 リキャストのたびに発射です。
 消費が大きいので、「スピリットバインド」で軽減。

ブラッドレッター
 呪術は「サイフォタック」でTPをガンガン吸収できますので、撃てる時はガンガン入れます。
 4割程は回避・レジストされていましたが、入れば最後の450ダメージが大きいです。
 (ボウマンシップ込み)
 ただし、ブラッドレッターは同効果を上書きしてしまいますので、連射を意識しすぎて前回分を上書きしてしまわないよう、グレートバッファローの現エフェクトにも注意します。

トーメント
 これが重要なダメージ源となります。
 グレートバッファローの通常攻撃は範囲攻撃ですので、前衛がタゲを持っていても、一緒にダメージをもらうことができます。
 エミュレート無しの状態で約800の被ダメ、 トーメント状態ならば600前後のカウンターダメージを与えることが可能です。
 ガッツリHPが減りますが、単体NMであるがため連射はないです。
 回復までは余裕がありますので、慌てず落ち着いて回復しましょう。

 以上のように効果は大きいですが、効果時間は20秒と短く、リキャストが180秒と長いです。
 使用可能となったら、エミュレートの効果が切れていることを確認の上、しっかりカウンターを入れましょう。

ショックスパイクII
 これもまた、馬鹿にできないカウンターです。
 1発を見ると40前後と少な目ですが、前記のように奴は範囲攻撃であるため、あえて接近し前衛と一緒にダメージを受けることで、通常攻撃のたびに「40前後×2=約80のダメージ」を与えることができます。
 長期戦となるNMでは、その蓄積は非常に大きなものとなります。
 しっかり接近し、ガンガンカウンターを入れてやりましょう。

 ただし、エミュレートを忘れないこと。
 トーメントと違い、スパイクカウンターダメージは被ダメージに関わらず一定です。
 無駄な回復にMPを取られないためにも、気をつけましょう。



>> 被ダメージ <<
※VIT:136 物理防御:395 魔法防護:333 プロテスII ディフェンダー
 以上のステータスによるダメージです。

通常攻撃
 800前後(エミュレート有り:200前後

サイズミックリフト
 300~400 ベヴィ効果

デッドリーストンプ
 1000~1100

オンラッシュ
 1300~1500(センチネル:500前後)

各ダメージは大きいですが、連続でくらうことが無いため、落ち着いて回復すれば大丈夫です。
ただし、怖いのは「オンラッシュ」による即死です。
「ソノラスブラスト」により、こちらへタゲが移る場合も十分ありえますので、万が一同状況となった場合は、特にログに意識を集中し、オンラッシュの構えが見えたら、即センチネルを入れましょう。
構え~発動が長めなので、十分間に合います。

万が一センチネルが使えない状況であれば、「オブセス」「ランパート」等で防御力を上げて凌ぎましょう。
それすらも使えないor間に合わない状況であれば、一か八か左右かグレートバッファーローの後方へ走り抜けましょう。
ソロで挑んだ時、何度か回避できました。
ただし、前方に範囲が広いため、背を向けて後方に避けるのはNGです。



>> MP確保 <<
単体NMの重要課題です。
同じく単体のウラエウスは、エグザルト+構え解き自然回復だけでなんとかなりますが、こいつはそれだけではとても足りません。
余裕を見て、MPが半分に差し掛かるあたりで、雑魚(鳥はTP消滅技が厄介なので、カニがベスト)を1~2匹釣り、「サイフォマッジII」で回復しましょう。
その際、範囲DOTで雑魚を巻き込まないように注意です。
占有状態ではない(MOBネームが黄色)ため、雑魚が死んでしまうと完全消滅し、範囲サイフォマッジでも吸い取れなくなります
周囲の雑魚にも限りがありますので、可能な限り生かし、ぎりぎりまでMPを吸い上げましょうw

資源の有効活用を!!

雑魚の確保に走るタイミングとしてオススメなのは、プロテス等の補助の残り時間に余裕があることを確認の上、
 サイフォタックでTP吸収後
 MOBがWSを放ち、前衛を回復後
です。WSによる前衛大ダメージのリスクを減らしておきます。
更にスロウ・パライズをかけておくと安心できますw

あとは、「スピリットバインド」をリキャスト毎にこまめに発動。

エグザルトのタイミングは状況によりけりですが、使うのであれば早めに使いましょう。
結果、30分内の使用回数が増えます。
ただし、残り時間を見ながら、30分内最後のエグザルトは緊急用に確保しておき、雑魚からMPを確保したほうがよさそうです。
マップを確認し、雑魚の位置を把握しておくのも、重要なポイントとなります。



主なポイントは以上となります。
とにかく重要なのは、MPの確保です。
MPの不安は与ダメージの減少に直結します。
余裕を見て、MPは常に半分以上を維持するぐらいの気持ちで挑みましょう!

最後に、討伐時のアクションを紹介しておきます。
1.ファントムダート
2.センチネル
3.エミュレート
4.バイオII
5.ディアII
6.ポイズンII
7.サイフォタック
8.サイフォマッジII
9.パライズ
10.スロウ

11.トーメント
12.スピリットバインド
13.ローミングソウル
14.ガード
15.シャドーシアー
16.ブラッドレッター
17.フロストII
18.ドラウンII
19.サクリファIII
20.ケアルIII

21.オブセス
22.無し
23.ディフェンダー
24.シルエット
25.シャドウフォール
26.プロテスII
27.ショックスパイクII
28.無し
29.無し
30.エグザルト

特性
 ネイチャーワーシップ
 ソードマンシップ
 ボウマンシップ
 ファストキャスト
 クイックステップ
 ラプチャーII
 シュプリームマインドII


シルエットとシャドウフォールは使っていません。
コスト0なので、なんとなく入れてましたw
また、今思うとブラッドレッターの命中精度を高めるため、「ホークアイ」を入れておくのも良かったかもしれません。
何を削るかが問題となりますが・・・w

特性のクイックステップは、雑魚確保に走る際に便利です。



では、今回はここまで!!

へば、まんず~ノシ
スポンサーサイト
最新トラックバック
アクセスランキング
FF14・攻略ブログ 人気ブログランキングへ
[ジャンルランキング]
ゲーム
29600位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
RPG
2855位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

アル猫

Author:アル猫

カウンター
FFXIV Prof

アル猫

FFXIV PROF

検索フォーム
リンク
剣は捨てても盾は捨てるな!
剣は捨てても盾は捨てるな!
蜘蛛の意図つむぎ
蜘蛛の意図つむぎ
アフロ通信vol.SEVEN
アフロ通信vol.SEVEN
ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。