ホーム
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どんも~、ある猫です。

VU後やるべきことが多く、特に真イフリートに気合を入れている今日このごろ。
前回は真イフリートの事前準備として装備について触れましたので、今回は真イフリート戦における呪術の動き方について書きたかったのですが、久しぶりに休日に時間が空きましたので、VU後初となる検証を実施しました。

実験体は、毎度おなじみ「スフェーン・ドブラン(55歳)

まずは、呪術の代名詞DOT・弱体魔法から。

ポイズンII
VU1.19 ポイズン(PIEノーマル)
PIE+50
VU1.19 ポイズン(PIE+50)

バイオ
VU1.19 バイオ(PIEノーマル)

ディア
VU1.19 ディア(PIEノーマル)

結果は上記画像の通り。
DOTダメージは、相変わらずポイズンが頭一つ抜けていますが、
問題はPIE増強後のダメージ
ほとんど変わりませんorz
信力マテリダ×2装着のエレクトラムセプターで気合を入れたのですが、これでは誤差の範囲です。
魔法攻撃威力が影響するようになっているのか?」とも考え、魔法攻撃威力+19状態でも試しましたが、変わりませんでした。

どうやら、弱体魔法威力はDOTダメージへは影響が無いようです。
(もしくは、効力が極々薄い)

そうなると・・・
弱体魔法威力は、文字通り弱体効果そのものへの影響か?
と考え、物理攻撃マイナス効果のバイオIIで試しました。

お相手は、上記に同じスフェーン・ドブラン。
バイオIIなし、バイオIIあり、バイオII(PIE+50)の3パターンで、ひたすら攻撃を受け続けます。
結果は以下の通り。

バイオII~物理攻撃マイナス効果検証~
バイオ効果表

結果、見事に効果が出ています(*゚∀゚)=3
弱体魔法威力増強前(408)時のバイオは、効果はあるもののイマイチな数値でしたが、
弱体魔法威力増強後(420PIE+50による上昇値)時のバイオは、目に見えて効果が出ています。

弱体魔法威力は+12と、400代の数字を考えると微々たる上昇にも見えますが、思った以上の効果が出ています。
装備による増強分の数値は、別計算になっているのかもしれませんが・・・なんともかんとも。

PIE増強時のバイオ・ディアの弱体効果は、強敵であればあるほど馬鹿にできない効果となりそうです。

今回は時間の関係上検証していませんが、パライズやスロウにも効果があると思われます。


次は、攻撃魔法威力についてです。
実は、あるアル【017】の記事で「次は攻撃魔法について~」と記述した通り、VU前の状態では検証済みだったのですが、大幅に仕様が変更となったため、すべてパァ\(^o^)/

全てやり直しました。

結果は以下の通り。

攻撃魔法威力表

上昇値は微妙ですが、一応効果は出ています。
マテリア等で更に増強すれば、もっと良いダメージが出ると思いますので、雑魚一掃用に魔法攻撃威力特化装備を用意しておくと、少し幸せになれそう(´∀`*)

しかし、一番ショックだったのは・・・杖の基礎性能は
最弱武器と最強武器とでは、殴りダメージの変化のみΣ(゚д゚lll)


であったことです。
「ダメージ値」の記述で悪い予感がし、検証を先延ばしにしていましたが・・・。
攻撃魔法威力に影響が出るのは、あくまで付加値の「攻撃魔法威力+」の分のみです。

ファイター武器のように、
イフリート武器で大幅火力アップ!!!(*゚∀゚)=3
とはいかないようです。

こうなったら・・・イフリートカジュルで殴り呪術に転身してやる!!!!!



とりあえず、今回はここまで。
そのうち、弱体魔法威力の効果を更に検証したいな~。

へば、まんず~ノシ





スポンサーサイト
どんも~、ある猫です。

またまた久しぶりの更新!
前の記事で、次は魔法威力について・・・と締めておいてなんですが、今回はイフリート討伐に向けて、呪術としてどんな装備が必要となるのか・・・少しまとめてみました。

私はまだ挑戦前ですので、あくまで予測ですw

まずは、新装備を交えた呪術装備をまとめた表が、以下の通り。
20111015 装備リスト

デカイ!見づらい!!  クリックして別表示がオススメです。
黄色の欄は、マテリア装着で増強可能であることを意味しています。

イフリート攻略記事を見る限り、呪術の仕事としては
 1.DOT!DOT!!DOT!!!
 2.ストンスキン
 3.回復
と、こんな感じ。

そして、イフリートの手痛い攻撃は避けるのが基本のようなので、装備・マテリアを選択する上で優先すべきは
 1.PIE
 2.MP
 3.外見(大事!!w)
と考え、選択しました。

以下抜粋。
■□■ 主魔器 ■□■
 ○ ヴァーダントセプター
  優秀ですが、PEI増加なし・・・
 ○ エレクトラムセプター + 信力のマテリア
  ダメージ値・攻撃魔法威力がヴァーダントに劣るが、今回は問題なし。
  魔法命中は同等で、マテリアによりPIE増強可能であるため、こちらを選択。

■□■ 副武器 ■□■
 ○ サラシアンタージェ
  MP+5、PIE+1、魔法回避+10と意外に優秀。
  魔法命中+3のヴィンテージエキュに火属性耐性マテリアかHP&MP増加
  マテリアを装着しても良さそうですが、とりあえずこちらを選択。

■□■ 頭 ■□■
 ○ フェルトキャバリエハット[BR] + 智者のマテリア
  PIE+5が素敵な新装備。
  マテリアはMP増加を選択。
 ○ エレクトラムサークレット(ルベライト)
  MP増加と火属性耐性が魅力的ですが、PIEを優先しとりあえず保留。
  場合によってはこちらも有効な装備になりそう。

■□■ 胴 ■□■
 ○ フェルトブリオー[BR] + 信力のマテリア
  以下のフェルトローブが良いと思う・・・のですが!!外見バランスを考え
  ブリオーに。
  ブリオー大好き!
  PIE増加マテリアを装着。魔法命中+5も活きてくれる・・・はず!
 ○ フェルトローブ[RD]
  MP+54に魔法回避+8、良い装備です。
  ですが・・・上記理由により今回は見送り。
  イフリート戦以外であれば、フェルトハット[RD]とセットにして装備したい一品ですね。

■□■ 手 ■□■
 ○ ビスタミトン
  MP+27、魔法回避+8と、墓標装備ながらも優秀な装備。
  マテリアは装着できないが、手にはMP・PIE増加マテリアは装着できない為、こちらを選択。
 ○ ボアリングバンド
  魔法命中・攻撃魔法威力・属性攻撃魔法威力が増加する新装備。
  外見も好きなのですが、イフリート戦ではビスタミトンのほうが有効であると考え、保留。
  イフリート戦以外の雑魚戦等では、是非使いたいですね。

■□■ 脚 ■□■
 ○ フェルトガスキン[BR] + 賢人のマテリア
  MP+24、PIE+4のとても素敵な新装備。
  PIEのみ増加のマテリアは装着できないため、INT/PIE増加のマテリアを選択。

■□■ 足 ■□■
 ○ ペイストクラコー[RD] + 法眼のマテリア
  MP+20と魔法回避+4がいい感じ。
  MP増加、PIE増加のマテリアが装着できないため、魔法回避マテリアを装着。
 ○ トードーレギンス
  墓標装備ながらも、HPMPが増加する優秀な装備。
  ですが、HP増加より魔法回避を優先し、今回は保留。

■□■ 帯 ■□■
 ○ ラプトルサッチェルベルト + 智人のマテリア
  MP+15にMP+2と、帯の中では特にMP増加が素敵な装備。
  MP増加マテリアを装着。

■□■ アクセサリ ■□■
 ○ ペリドットリング×3
  PIE優先ですので、こちら一択。


以上の通り選択し、外見がこちら
20111015 イフ装備全面20111015 イフ装備背面

対イフ装備 別視点


外見は同一色で渋く纏まっており、なかなかいい感じです。
残念ながら萌え要素は無いですが、渋い猫もたまにはいいかな・・・と、それなりに気に入りましたw


あとは実践あるのみ・・・!!


今回はここまで~。

次は、VU後のDOTやら魔法威力やらの検証をしたい・・・・

へばまんず~ノシ
どんも~、ある猫です。

更新・・・すっかりサボっておりました。

ゼーメル攻略が本格化し、平日は
 起床→仕事→帰宅→風呂飯→ゼーメル→寝る
のほぼワンパターンな生活で、時間がさっぱり作れませんでした。

頑張れば作れましたが、そこまでの気力が湧かず・・・w

最近はゼーメルが落ち着いてきたこともあり、連休も重なり、さらにリアルで特に用事もなかったので、
ようやく検証を実施することができました(*゚∀゚)=3

今回のテーマは、
「毒と魔法・・・どっちが強いのか!?」
ということで、お相手は中毒+麻痺付与で一つで2度美味しい
「停心毒」
です。

呪術の中でも強力な「ポイズン」と「パライズ」を一瞬で与えることができる・・・とんでもない薬です。
呪術使いとして、無視できない存在ですね。

そこで早速、どちらが優れているか比較してみました。

【中毒】
ポイズンII
魔法vs毒 ポイズン

停心毒

魔法vs毒 停心毒

【麻痺】
パライズ
持続時間 約30秒
停心毒
持続時間 約120秒
( ゚д゚)・・・

結果・・・
中毒は・・・まぁ、ポイズンIIの圧勝です。
実際はわかりませんが、ポイズン程度の威力でしょうか。
おまけ程度ですね。

問題は麻痺。
上記の通り、停心毒が圧勝。
パライズの約4倍長持ちですw
まさかここまで差があるとは・・・思っていませんでした。
コストがかかってしまうのが難点でしょうが、そこさえクリアしてしまえば、強敵には相当有効なアイテムとなりますね。

とりあえず、なんとかポイズンIIの立場を守ることは出来ましたが、なんとなく負けた気分・・・。
早くパライズIIとスロウIIを実装してほしいものです。


今回はここまで!
次回は、ステータス「魔法威力」について触れてみようと思います。


へば、まんず~ノシ
どんも~、ある猫です。

1.18VU後、ブロークンウォーターの俗に言う「ぺこどん」の日々から開放され、ここ最近はのんび~りとFF14ライフを送っております。

以前は他のメンバーの都合もあり、時間が無い時も頑張ってINしてぺこどんやってましたが、最近はソロ中心。
すっかり怠けておりますw

時間に余裕ができた代わりに、獲得修練はガッツリ落ちてしまいましたがマッタリ楽しめてますので、これはこれで良しです。


さて、のんびりしながらも一番(唯一)の楽しみであるインスタントレイドは、真面目に取り組んでいます。

そして昨日・・・ついにバトラール討伐!!!
攻略サイトを見た感じでは、本当にできるのかどうか不安だらけでしたが、実際にやってみるとモヤモヤしていたものがスッキリ
やはり、実際にやってみるのが一番ですね。

バトラール1戦目・・・時間切れ(骨1回目登場)
バトラール2戦目・・・全滅(骨3回目登場)
バトラール3戦目・・・勝利!!!

SS撮影準備していなかった為「Complete!」の撮影はできませんでしたが、とにかくうれしかった!!

今後しばらくはレイド漬けの日々になりそうですw



さて、最後にこのブログの趣旨に沿った呪術の話をします。
ゼーメルにおいて居ても居なくても問題無いと言われる呪術・・・動き方は幻術とほぼ同様です。
異なるのはオーガ戦とバトラール戦。

オーガ戦は、回復を幻術に任せDOT・弱体に専念。
スピリットバインドを活用すれば、エグザルト無しでもMPは十分持ちます。

バトラール戦は骨処理班として活動し、回復しつつ適度に攻撃も担当します。
タゲを前衛に任せ、ヘイトに気をつけながら戦うこととなりますが、タゲは盾一人ではなく前衛それぞれで持つ場面が多かった為、なかなかうまい位置取りができませんでした・・・orz
何度か範囲WSを食らってしまい、自己ケアルで無駄なMPを消費する羽目に・・・。

バトラール戦での動き方が、呪術としての今後の課題の一つとなりました。


より安定できるよう、今後も研究しつつ頑張ろう!!
(色々余裕なくて、SS取り忘れてました・・・これもまた次の課題ですねw)


今回はここまで!
へばまんず~ノシ
どんも~、ある猫です。

前回の検証で、属性についてすぐに続きを上げるようなことを書いておきながら、随分間が空いてしまいました。
というのも、ちょいと不可解なことがありまして、星霊属性のみの検証のつもりが、他6属性についても検証せざるを得ない状態となってしまいまして・・・。

とりあえず、順番説明します。

まず、基本となる属性相関図
属性相関図

私の場合、この図では分かりづらかったので、言葉で覚えています
 ・火は氷を溶かし、氷は風を遮断し、風は火を消す。
      →      →      →   
 ・土は雷を遮り、雷は水を沸騰させ、水は土を浸食する。
      →      →      →   

そして問題の星霊ですが、攻略サイトでは
  の属性を合わせ持つ攻撃を「星撃
  の属性を合わせ持つ攻撃を「霊撃
という記述があります。

ふむ・・・となると、火属性MOBの場合は、を含む星撃が有効なのだろうか??
しかし、星撃には、同属性であるも含まれているわけで・・・一体どうなんだべ???

ということで、実際に試してみました。



バニシュ = 星撃
スカージ = 霊撃
※上回っている方を赤文字で表示。

ゾンビー (
  バニシュII ⇒⇒⇒ 665 ・ 687 ・ 647
  スカージII ⇒⇒⇒ 507 ・ 604 ・ 629

モングレル (
  バニシュII ⇒⇒⇒ 622 ・ 668 ・ 659
  スカージII ⇒⇒⇒ 800 ・ 736 ・ 807

カメムシヂッガ (
  バニシュII ⇒⇒⇒ 730 ・ 708 ・ 677
  スカージII ⇒⇒⇒ 763 ・ 779 ・ 791

スケルトンソードベアラー (
  バニシュII ⇒⇒⇒ 875 ・ 1010 ・ 965
  スカージII ⇒⇒⇒ 642 ・ 785 ・ 820


以上のようになりました。
結果、見えてくるのは
  星霊は複合属性としてではなく、
     星属性・霊属性
  という個別の属性として見られている
ということです。

上記検証に合わせて順番に説明しますと
   = 「星属性
   = 「霊属性

  ゾンビーは、よって霊属性に属する。
  対属性である星属性バニシュが有効。

  モングレルは、よって星属性に属する。
  対属性である霊属性スカージが有効。

  カメムシは、よって星属性に属する。
  対属性である霊属性スカージが有効。

  スケルトンは、よって霊属性に属する。
  対属性である星属性バニシュが有効。

このような形になると思われます。
3属性で一つのグループとなり、星・霊が決定される・・・というのが私の結論です。


結論は出たわけですが、ここで一つブログカキコが遅れた原因に直面。

ボム (
  バニシュII ⇒⇒⇒ 803 ・ 708 ・ 735
  スカージII ⇒⇒⇒ 534 ・ 586 ・ 483

・・・

・・・・・・あれ?

なので上記カメムシと同じ結果となるはずですが・・・なぜか全く逆の結果に。しかも圧倒的なダメージ差で。
実は火じゃない?
特殊な耐性?
それとも、結論間違ってた?でも、他は概ね結論に結びつく結果が出ているし・・・。




というわけで、ボムについて調べるついでに、6属性についても検証してみました。

幻術・呪術両方の魔法を一度に検証したかった為、偏りが出ないようにファイターで実施
剣術士 ランク50
ネイチャーワーシップ・ダークワーシップ

検証時のステータス・属性
属性検証01

※ボムエンバー = 
※メイデンバグ = 
※スケルトンソードベアラー = 
※弱点ダメージ = 赤文字
※耐性ダメージ = 紫文字
ボムE(1)ボムE(2)Mバグ(1)Mバグ(2)骨SB(1)骨SB(2)
ファイアII930918387367372385
ブリザドII365373495514240238
エアロII611623552537305316
ストーンII577572500450未検証未検証
サンダーII675654440450未検証未検証
ウォータII642679526534未検証未検証
バニシュII154416249499358751010
スカージII108110791067983642785


以上のような結果となりました。

ボムを除いて見てみると、
  ・弱点属性 →  ・  → )は予定通り高ダメージ
  ・耐属性MOBと同属性
  ※検証時、自身の水属性が極端に高かった為、ウォータIIは安定して高めのダメージが出ているようです。
であることがわかります。
以上を踏まえてボムを見てみると・・・実は氷属性!?
しかも、星・霊同様に極端なダメージ差が見られます。

どう見ても火属性ですし、どこの攻略サイトを見ても火属性なのですが・・・数値だけ見ると氷属性としか思えません。
もし氷属性であれば、星・霊のダメージも納得がいきます。
  氷属性は霊属性に属する
  よって、星属性バニシュが高ダメージ


うむむ・・・
ボムの属性はバグっているのでしょうか?それとも特殊な耐性を持っているのでしょうか??
残念ながら、そこまで突き止めることができませんでした。
属性検証も含め、詳しい方・・・教えていただけると非常にありがたいです!!




さて、長くなってしまいましたが、今回の結果は以下のとおりです。
  ・のMOB = 「星属性」に属する。
  ・のMOB = 「霊属性」に属する。
  ・星・霊属性は、それぞれの対属性が高ダメージ。
  ・MOBと同属性は、ダメージ減。
  ・弱点属性は、差はあれど基本的に他属性より高ダメージが見込める。



今回はここまで!
へば、まんず~ノシ
最新トラックバック
アクセスランキング
FF14・攻略ブログ 人気ブログランキングへ
[ジャンルランキング]
ゲーム
28866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
RPG
2723位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

アル猫

Author:アル猫

カウンター
FFXIV Prof

アル猫

FFXIV PROF

検索フォーム
リンク
剣は捨てても盾は捨てるな!
剣は捨てても盾は捨てるな!
蜘蛛の意図つむぎ
蜘蛛の意図つむぎ
アフロ通信vol.SEVEN
アフロ通信vol.SEVEN
ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。